子供のころから生きた英語に触れるのが
やっぱり英語上達の近道!
あるやり方をすれば
我が家のような平凡なサラリーマン家庭でも
「親子留学」ができるんです!

子供向け英語教室より親子留学Aなぜ息子に英語の勉強をさせようと思ったのかというと・・・

今の時代、英語ぐらいは話せないと・・・・

ご近所さんの子供達も早くから英会話教室とか行ってるし・・・

大人になってからの英語の勉強ってものすごく苦痛だから今のうちに・・・

子供のうちから英語を聞かせると、「英語耳」になるそうだし・・・


こんな風に考えたからですが、一番大事だったのは息子の将来です。

息子が成人式を迎える十数年後、社会は今よりもっと変化しているでしょう。

そしてその頃には、英語を話せることが当たり前になり、英語が話せなければ会社での出世もままならなくなっているかもしれません。

息子の将来に対して出来る限りのことをしてあげたい。

英語に触れるのは若ければ若いほど良い、と言いますよね。

そして今、息子を英語に触れさせることが出来るのは、私達しかいないんです!

何もしないままでは、親の義務を果たすことが出来ない!!

そんな必死な思いで、英語教材を買ったり、英会話教室に行ったりと、評判の方法を色々と試してみたんです。

しかし、案の定うまくは行きませんでした。

なぜかというと・・・?

英語教材の場合は・・・

初めのうちは、息子も楽しそうに取り組んでいました。そんな息子を見て私も微笑ましく思ったものです(笑)。

しかし、1ヶ月経っても、単語はある程度覚えるのですが、言葉は全く・・・

その上、親が子供と一緒に毎日繰り返し教材を使って遊ばなくてはなりません・・・

実は私達夫婦は共働きなので、子供に対するまとまった時間を毎日取れるわけではないのです。

息子の将来も大事ですが、今生活していくことも同じように大切です。

そんなこんなで、私達も毎日続ける事が困難になり、その結果息子もどんどん英語教材に興味がなくなってしまいました。

結局は私達に原因があるのですが、英語教材はだんだん使われなくなり、物置の奥深くへと片付けられました・・・


● 英会話教室の場合は・・・

そのときそのときで大変楽しく、有意義な時間が過ごせました。

外国人の先生が話す生の英語と接するのは変えがたい経験になりました。

また、外国人とコミュニケーションを取ることに対して子供も抵抗がなくなったようですが、肝心の英語力はというと・・・

結局英語の単語や歌しか覚えることはできませんでした・・・

やはり、英会話でも「外国の先生とお話するだけ」ではダメで英語教材と同じように、毎日英語に触れさす必要があることを実感しました。


そんなこんなで色々と試行錯誤した結果、結論は「英語しかない環境に無理やり入れてみよう」というものでした。

そうして色々と調べているとき、「親子留学」に出会いました。


英語しか使わない(使えない)環境に飛び込むことができる

● 英会話だけではなく、英語圏の文化そのものに触れることができる

● 子供だけ留学させるわけではないので、親としても安心


親子留学は、そんな私達のコンセプトにピッタリはまる内容でしたが、一つ問題がありました。

でも、その「一つの問題」が大問題でした。

そうです。親子留学には莫大な費用が必要だということなんです!!

それを知ったとき、私はこう思いました。


  (私の心の声)

   う〜ん。この金額だと、ちょっと無理かも・・・

   そんなに家計にも余裕がないし、親子留学はスッパリとやめるしかないのかな・・・


そうあきらめかけていた矢先です!

○○○○するだけで、ものすごく安く行ける方法を見つけてしまったのです!





    子供向け英語教室より親子留学・・・続きを読む
posted by 子供向け英語教室より親子留学
インフォカートと無料ブログで稼ぐ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。